イギリスの自動車メーカー | ラビット車検 横浜・川崎の1日車検

[営業時間]9:30~18:00[定休日]土曜・日曜・祝日

無料お見積
お問い合わせ

トップページ > 車検のお役立ち情報 > イギリスの自動車メーカー

海外の主な自動車メーカー

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)

ロールス・ロイス社は二人の男、フレデリック・ヘンリー・ロイスとチャールス・スチュワート・ロールズの名前から、それぞれの苗字を取って名づけたものですが、事実上はロイスの会社になります。
ロールス・ロイスは、スタイルとエレガンスの代名詞ですが、この会社で作られた車は、その豪華な性質だけでなく、その設計と製造の品質で知られています。
百年以上さかのぼる自動車会社はロールス・ロイスを所有するために、豊かで有名な、今日のためのモデルをしたが、成功、富と豊かさの指標として見ることができます。

製造工場は、同社が正式に誕生したとして、同社が制作した最初のモデルはシルバーゴーストでした。
1908年のダービーとロールス・ロイスに移動し、唯一の6000モデルのダービーに建設されました。
二年後に会社は赤から黒へとラジエーターのバッジの色を変更しました。
変化の理由は、黒が少なく衝突したことでした。
自動車の車体は、長年にわたって外部で構築されましたが、ロールス・ロイスファントムマークIVのリリースで1959年にこれを変えました。
ロールス・ロイスはイギリス軍のための航空エンジンの膨大な数の供給の歴史を持っています。
この素晴らしいエンジンを使用する航空機は多様であったと同盟戦争の努力のためのさまざまな役割を行いました。

会社概要Company

社名
Rolls-Royce Group plc(ロールス・ロイス グループ ピーエルシー)
設立
1906年
本社所在地
英国ロンドン

開発思想Development Concept

20世紀の前半、ロールス・ロイスの創業者の一人、ヘンリー・ロイス卿は、「やることすべてに完璧を目指しなさい」、「そして今ある最高のものをさらに素晴らしいものにするよう努力しなさい」と社員を諭しました。
今も、ロールス・ロイス・モーター・カーズには、この創業者の理念が息づいています。

代表車種Representative modelst

●ロールス・ロイス・ゴースト
2009年3月のジュネーブショーでお披露目されたコンセプトカー「200EX」の市販版にあたる
ベビーロールス。
前後観音開きのドアや、高級レザーとウッドが施されたインテリアなど豪奢なしつらえが与えられています。
●ロールス・ロイス・ファントム
グッドウッドを拠点に再スタートを切った後で登場した最新モデルがファントムで、4ドアセダンのボディは全長が6m、全幅が2m、全高は1.7mに達する堂々たるサイズをもっています。
≪∴荵罎篁筝鐚

ベントレー(Bentley)

「クラス最高の速さと価値を持つクルマをつくりたい」。
"W.O."の呼び名で親しまれているBENTLEY MOTORS(ベントレー・モーターズ)の創業者、ウォルター・オーウェン・ベントレーの言葉です。
若い時分からエンジニアとして経験を積んできたW.O.ですが、はじめはクルマではなく蒸気機関車を相手とする仕事でした。
仕事の合間にモーターサイクルでレースに参加するうち、彼の興味はエンジンに向けられていき、退職後、レーシングエンジンの開発を本格化させたのが第一次大戦のあと。

1920年代になると、イギリス内外のレースに参加。
なかでもルマン24時間レースでは、"ベントレー・ボーイズ"の活躍により、1924年から1930 年の7年間に5度の優勝を手に入れ、その名を知らしめしました。
しかし、経営状況は厳しく、1931年にはロールス・ロイスに買収され、かろうじてその名を残すことになりました。
その後67年のあいだロールスの支配が続きますが、1998年に転機が訪れます。
「コンチネンタルGT」を皮切りに、「コンチネンタル・フライングスパー」「コンチネンタルGTC」といったニューモデルの投入により、見事、高級車市場での復活をはかりました。
さらに、2003年のルマン24時間では73年ぶり、6度目の優勝を手中に収めています。

会社概要Company

社名
株式会社 ベントレー・システムズ
設立
1903年6月16日
本社所在地
米国ミシガン州ディアボーン

開発思想Development Concept

建築家、エンジニア、地理空間専門家、建設業者、オーナーオペレーター向けにインフラ維持のための包括的なソフトウエアソリューションを提供することに専心する世界的リーダー企業です。

代表車種Representative modelst

●ベントレー アズール
2ドアの4シーターオープンモデルで、電動のソフトトップを持ち、全長5.37mの4シーターフルオープンだけに、大人4人がしっかりと乗ることができるだけの広さを誇る。
丸目4灯式のヘッドライトと、ステンレス製のメッシュグリルが、ベントレーのパーソナル性をより強調している。
●ベントレー コンチネンタル
クーペタイプの「GT」、「スーパースポーツ(SUPERSPORTS)」、大型4ドアサルーンタイプで、4人乗り、5人乗りのどちらかを選択可能な「フライングスパースピード(Flying Spur Speed)」をラインアップ。
≪∴荵罎篁筝鐚

ジャガー(Jaguar Cars)

1922年にサー・ウィリアム・ライオンズはスワロー・サイドカー社を設立し、1920年代から1930年代初期にかけて、「SS」ブランドでオートバイのサイドカーと自動車の開発を行ないました。
1935年に新型SS-100の開発に着手した際、サー・ウィリアムはもっと感覚に訴える名称をこの会社に付けたいと考えました。
依頼を受けた広告代理店から提案された社名の中からサー・ウィリアムは「ジャガー」という名称を選びました。
そしてSS100モデルが世界初のジャガーと なったのです。

「ジャガー」は理想的な選択でした。−それは猫科動物の優雅さとエレガンス、パワーと敏捷性を表す名称で、サー・ウィリア ムのクルマを際立たせるものでした。
サー・ウィリアムは、クルマは「我々が創造することが可能なものの中で最も生き物に近い物である」と語ったことがありますが、それは時の試練に耐えてきた感慨と言えましょう。
新たなブランド名は、それ以後開発された全てのクルマの本質を捕えるものでした。
長年にわたりジャガーは世界で最 もアイコニックなクルマを作り続けてきました。
1940年代後半に発表したXK120は短期間で大評判を博し同時期で最も魅力的なスポーツカーとなりました。

会社概要Company

社名
Jaguar Cars Ltd
設立
1922年
本社所在地
イギリスコヴェントリー

開発思想Development Concept

当社は今年、英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードとグッドウッド・リバイバル、米国ぺブルビーチのコンクール・ド・エレガンス、イタリアのミッレ・ミリアクラシックなど、世界で最も華やかな自動車の祭典で、75周年を祝います。
また新型ジャガーRSR XKR GT2でレーストラックに復帰し、アメリカン・ル・マンシリーズ(ALMS)に参戦します。

代表車種Representative modelst

●XJ
ダウンサイジングユニットの2L直4ターボと3LのV6スーパーチャージャーがラインナップされました。
トランスミッションは全モデル、6速ATから8速ATへと変更され、高効率化が図られています。
●XKコンバーチブル
フロントマスクを中心にエクステリアデザインの変更が施されました。
またこの変更を機に、多彩なインテリアチョイスが魅力で5LのV8エンジンを搭載したXKポートフォリオコンバーチブルに集約されました。
≪∴荵罎篁筝鐚
車検のお役立ち情報

車検の基礎知識

車検チェックポイント

ドライブを楽しむ

自動車メーカー

車検合格のための知識

スタッフブログ 宣伝トラック
Copyright © ラビット車検 横浜・川崎. All rights Reserved.