車検費用とその内訳 | ラビット車検 横浜・川崎の1日車検

[営業時間]9:30~18:00[定休日]土曜・日曜・祝日

無料お見積
お問い合わせ

トップページ > 車検のお役立ち情報 > 車検費用とその内訳

車検の基礎知識

車検費用とその内訳

車検費用は、いわゆる点検整備費用だけで構成されているわけではありません。車検費用の内訳がどのようになっているのか整理しましょう。
車検費用は、基本的に大きく分けて2つあります。車検費用=基本車検料+法定費用となります。



 

法定費用とは?Legal costs

特に新しい車で、整備をせずに車検を通すことができる場合は、車検費用のほとんどはこの法定費用ということになります。
法定費用は、重量税、自賠責保険料、自動車検査登録印紙代(継続検査手数料)、リサイクル料金などで構成されます。このうち法定費用の大半を占めるのは、重量税、自賠責保険料となります。

■重量税
重量税は、軽自動車は一律6,600円(24ヶ月)ですが、普通自動車は自動車の重量によって金額が変わります。

■自賠責保険料
自賠責保険は、料率区分が、本土、離島、沖縄本島、沖縄離島で違ってくるのと、車種(普通車・軽自動車)と保険期間で料金が異なります。
本土の場合、普通自動車は25,830円(24ヶ月)、軽自動車なら25,070円(24ヶ月)となります。なお保険料は頻繁に見直しされるので、正確な数字は個別に確認しましょう。

■自動車検査登録印紙代
普通自動車は1,700円~1,800円、軽自動車は1,400円です。

■リサイクル料金
2005年1月以前に車を購入して、まだリサイクル料金を支払っていないケースはまずないと考えられますが、仮にリサイクル料金を支払っていないという場合(リサイクル券がないなど)はこれを車検時に支払うことになります。リサイクル料金も車によって違ってきますが、8,000円~20,000円の範囲で掛かります。

点検整備費用とは?Inspection and maintenance costs

点検整備用とは、一般的には車検代行手数料や2年点検基本料金となる固定料金です。
この他に、車の状態によって、整備・メンテナンス費用がかかります。整備費用は車の状態によって全く変わります。走行距離が長くなるほど、メンテナンスの必要箇所は増えてくるので予算には余裕を見ておくとよいでしょう。

以下、ラビット車検での料金を詳しくまとめてありますので、ご自身の車の参考にしてください。

※注意事項
車検検査基準に満たなかった項目(例:ランプ切れ、シャフトブーツ、光軸設定など)の調整は、別途費用をいただきます。
上記費用は、車種、期間によって異なる場合がございます。
車検切れの車は、お受けすることが出来ません。
同一車種でも重量税が異なる場合があります。車検証でご確認ください。
上記料金には、車検代行料、引取・納車料などすべて含みます。
車検に必要な書類:車検証、自賠責保険証、リサイクル券、納税証明(検査年度のもの)
商用車は別途お問い合わせください。
当日キャンセルの場合は、代行料の18,000円を頂戴いたします。

軽自動車Light

参考車種 ミラ・ムーヴ・ワゴンR・ライフ など
代行料 一律9,800円
重量税 6,600円
自賠責保険 25,070円
登録印紙代 1,400円
車検料金 42,870円

   

小型車Compact

参考車種 ヴィッツ・マーチ・デミオ・シビック など
代行料 一律9,800円
重量税 16,400円
自賠責保険 25,830円
登録印紙代 1,700円
車検料金 53,730円

   

普通車Standard

参考車種 マークX・スカイライン・レガシー など
代行料 一律9,800円
重量税 24,600円
自賠責保険 25,830円
登録印紙代 1,700円(5ナンバー)
1,800円(3ナンバー)
車検料金 61,930円(5ナンバー)
62,030円 (3ナンバー)

   

大型車 [車両重量2.0t以下]Large [2.0t or less]

参考車種 クラウン・セルシオ・セドリック など
代行料 一律9,800円
重量税 32,800円
自賠責保険 25,830円
登録印紙代 1,700円(5ナンバー)
1,800円(3ナンバー)
車検料金 70,130円(5ナンバー)
70,230円 (3ナンバー)

   

大型車 [車両重量2,5t以下]Large [2.5t or less]

参考車種 ランドクルーザー・キャラバン など
代行料 一律9,800円
重量税 41,000円
自賠責保険 25,830円
登録印紙代 1,800円
車検料金 78,430円

   

大型車 [車両重量2.5t以上]Large [2.5t or more]

参考車種 国産2.5t以上~外車まで(詳しくはお問い合わせ下さい)
代行料 一律9,800円
重量税 41,000円~
自賠責保険 25,830円
登録印紙代 1,800円
車検料金 78,430円~

 

 

車検にかかる日にち・時間

「車検+24カ月定期点検整備」で必要な作業は24カ月定期点検整備の点検、点検の結果発生する整備作業、車検の検査、書類上の手続きです。整備工場に入庫した初日に点検が行われて見積りが作られ、次にユーザーへの説明とどんな整備を行うか相談が行われます。整備の実作業は翌日からの開始、それが終了すると車検の検査へと進みます。こうした手順をひとつひとつ踏んでいくと、通常、ある程度の日数が必要になります。

ところが最近はユーザーの利便性を高めるため、その期間が急速に短縮されてきています。当日だけで終了する「1日車検」は一般的になり、指定整備工場(民間車検場)では1時間車検も増えてきています。車検の窓口や整備工場ごとで車検にかかる時間はまちまち。また最近では「1日車検」をうたう業者も多くなってきました。ここではそんな車検にかかる時間を、車検の種類や車検先ごとに見ていきましょう。

 

「1時間車検」と「1日車検」Point.1

整備工場で車検の検査だけをするなら、通常15分もあれば検査自体は終わってしまいます。ただし、その他に車検の書類上の手続きが残っていることを忘れてはなりません。工場側が車検場に書類を持ち込んで手続きを行い、新しい車検証とステッカーを入手する必要があるのです。これらの書類は後日郵送されてきたり、直接受け取りに行く必要があります。

車検の検査だけでなく、事前に24カ月定期点検整備を行ったとしても、点検だけならばトータル30分もかかりません。異常がなければ、それでOK。つまり、1時間もあれば車検+24カ月定期点検整備は実質的に終わってしまいます。

さらに消耗品の交換などが必要だとしても、一般的に発生する整備内容であれば長時間がかかるものはわずかです。車検当日の入庫時間が決まっていれば、短時間での対処も可能結果として、消耗品の交換込でも1時間で終わる車検は珍しくありません。

認証整備工場での車検時間の目安は「1日車検」Point.2

工場内で車検の検査が行えない認証整備工場の場合、さすがに「1時間車検」は困難ですが、事前に見積もりを行えば、2日ぐらいで24カ月定期点検整備と車検を終了させることも可能になります。また一部の「認証整備工場」では国の車検場や提携の指定整備工場が近くにあるために「1日車検」を実現できているところもあります。

代行業者による車検時間の目安は(長くて)「1昼夜」Point.3

24カ月定期点検整備を行わない代行業者の場合も、1日車検は当たり前です。長くても1昼夜でしょう。車検場での検査と書類の手続きは半日もあれば終わります。朝に車を預けて、夕方には返却されるはず。ただし、車検の検査で不合格になる部分があり、その整備に手間がかかる場合も。代行業者の場合は、事前に点検することが少ないため、いざ依頼してみたら、整備に時間がかかってしまった、ということもありえます。

 
車検のお役立ち情報

車検の基礎知識

車検チェックポイント

ドライブを楽しむ

自動車メーカー

スタッフブログ 宣伝トラック
Copyright © ラビット車検 横浜・川崎. All rights Reserved.