韓国の自動車メーカー | ラビット車検 横浜・川崎の1日車検

[営業時間]9:30~18:00[定休日]土曜・日曜・祝日

無料お見積
お問い合わせ

トップページ > 車検のお役立ち情報 > 韓国の自動車メーカー

海外の主な自動車メーカー

現代自動車(ヒュンダイ)

1967年に設立され、当初はフォードやイタルデザイン、そして日本の三菱自動車と技術提携を結び、自動車製造を開始しました。
1976年にはそれまでの技術養成期の集大成として、初の自社開発モデルPonyを完成し、世界に輸出を開始しました。
そして1990年頃までには独自の技術開発の足固めを終え、1990年代には国際競争力を持つ総合自動車メーカーとなりました。

世界市場に向けた輸出も積極的に行われ、1986年には生産累計で100万台、1988年には200万台、総生産台数1,000万台を達成し、1996年には400万台の輸出台数を数えるに至りました。

会社概要Company

社名
現代自動車 株式會社ヒョンデ チャドンチャ チュシクフェサ
設立
1967年12月29日
本社所在地
ソウル市瑞草区良才洞231

開発思想Development Concept

現代自動車は、中長期ビジョンである"顧客のためのイノベーション(Innovation for Humanity)"を目標に継続的なグローバル経営体制の構築や品質の向上に支えられ、ブランドの価値が大幅に上昇しており、海外有数の評価機関とメ ディアの好評と共に5年連続で100大ブランドに選ばれるなど、世界的な自動車メーカーとしての地位を確立しています。
今後、世界の自動車市場は絶え間ない変化と競争の中で、さらに激化する見通しです。

現代自動車は、いかなる困難もチャンスとエネルギーにして克服していき、全ての力を集中・強化し、真のグローバルリーダーとして跳躍していきます。

代表車種Representative modelst

●ミストラ
モダンでスポーティ、スマートな高級さを表現すること。
ボディサイズは全長4710×全幅1820×全高1470mm、ホイールベース2770mm。
●ジェネシス
ミドルクラスの高級サルーン。
米国では、レクサス『GS』やインフィニティ『M』(日本名:日産『フーガ』)、メルセデスベンツ『Eクラス』、BMW『5シリーズ』、アウディ『A6』などと競合する。
●JM
2.7リットルおよび2.0リットルエンジン搭載のSUV。
運転席/助手席のシートのヘッドレストにチルト機能を追加し、運転席シートにはランバーサポートを装着しています。
≪∴荵罎篁筝鐚

起亜自動車(キアジドウシャ、Kia Motors Corp.)

1944年設立。
かつてはマツダと密接な関係だったが、1998年に経営破綻を境に現代(ヒュンダイ)自動車の傘下に入り、現代起亜自動車グループを構成しています。

会社概要Company

社名
起亞自動車株式會社
設立
1944年
本社所在地
韓国

開発思想Development Concept

デザイン部門を統括するペーター・シュライヤー氏が、昨年末の幹部人事で副社長から社長に昇格。
デザイン重視 は起亜自がかねて掲げる経営の基本方針。
また、米国販売担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、トム・ラブレス氏はデトロイトで開催中の北米国際自動車ショーの中で、今年は米国での市場シェア拡大を目指していると述べました。
ラブレス氏によると、昨年は起亜自動車の米市場でのシェアが3.85%に上昇。
シェア拡大は18年連続で、販売台数は55万7599台に増加しました。
19年続けてシェアを拡大させることが2013年の目標とのことです。

代表車種Representative modelst

●キア・ピカント (Kia Picanto)
超小型車。韓国国内では「モーニング (Morning)」、台湾では「ユーロスター(Euro Star)」の名称で販売されています。
●キア・リオ (Kia Rio)
サブコンパクトカー。
韓国国内では2005年発売の2代目から「プライド (Pride)」の名称で販売されていますが、これは起亜が1987年から1999年まで製造・販売していた初代フォード・フェスティバベースの小型車の名称です。
≪∴荵罎篁筝鐚

双龍自動車(サンヨン)

1954年に河東煥がソウル市麻浦区で『河東煥自動車製作所』を創立。
朝鮮戦争停戦後の復興で盛業になりました。
1963年には東方自動車工業を吸収合併し、河東煥自動車工業株式会社として改組。
製リアエンジンバスのノックダウン生産を手掛け、1966年頃からブルネイ、南ベトナム等へ輸出開始。
1967年新進自動車と業務提携し、乗用車市場にも参入しました。
2010年11月23日インドの自動車メーカーマヒンドラ&マヒンドラ社が、5225億ウォンで雙龍自動車を買収する契約を締結。
これによりマヒンドラは雙龍自動車の株式の70%を保有しました。

会社概要Company

社名
雙龍自動車sangYong Motor Company Limited
設立
1954年
本社所在地
韓国ソウル市中区苧洞

開発思想Development Concept

自動車代表理事は京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテ ク)本社で開かれた第51期定期株主総会で"国内市場でスポーツユーティリティー車両(SUV)新概念導入を通じて占有率を拡大すること"としながら今年販売目標を14万9300代と発表しました。
イ・ユイル社長は引き続き"昨年双龍(サンヨン)車は持続的な販売身長および営業赤字縮小など正常化基盤を固めた意味ある一年であった"と評価した後"特に昨年達成した12万代以上の販売実績は販売拡大のためのその間の努力らが結実をおさめた結果"と強調しました。
実際双龍(サンヨン)車はグローバル景気低迷にも"コランドC" "コランドスポーツ"など製品改善モデルの販売増大に力づけられて12万717代の販売と2兆8638億の売り上げを記録しました。
コランド シリーズの成功神話を継続するために全社的な努力を傾ける方針です。
ロシア・インド・中南米・アフリカなど新規市場創出を通じてグローバル販売も持続的に増やしていく計画です。

社長は最後に[双龍(サンヨン)車は難しい経営環境を賢く克服して未来に向かった着実な準備を進行した」として「マヒンドゥラグルプと顕著なシナジー成果を創り出すことによって未来成長動力を拡充して競争力を一層強化していくだろう」と伝えました。

代表車種Representative modelst

●ムッソー
大型SUV及びピックアップトラック。
●レクストン
ジウジアーロがデザインしたSUV。
4WDシステムはトルク・オン・デマンド式を採用(かつていすゞのSUVに使われていたタイプとほぼ同等)。
●コランド
元々は「炬火」ブランドで発売されたジープタイプの4WDが源流です。
その後、炬火が双龍に吸収合併され「双龍・コランド」を名乗ることになりました。
2005年に一旦サンヨンのラインナップから消えますが、2011年にルノーサムスン・QM5やヒュンダイ・ツーソンiX対抗のコンパクトSUVとして復活しました。
派生車種にコランド ツーリスモがありました。
≪∴荵罎篁筝鐚
車検のお役立ち情報

車検の基礎知識

車検チェックポイント

ドライブを楽しむ

自動車メーカー

車検合格のための知識

スタッフブログ 宣伝トラック
Copyright © ラビット車検 横浜・川崎. All rights Reserved.