スズキ | ラビット車検 横浜・川崎の1日車検

電話でのお問い合わせ

[営業時間]9:30~18:00 [定休日]土曜・日曜・祝日

無料お見積
お問い合わせ

トップページ > 車検のお役立ち情報 > スズキ

日本の主な自動車メーカー

スズキ

1909年(明治42年)鈴木道雄によって、鈴木式織機製作所として創業、1920年(大正9年)鈴木式織機株式会社として法人設立以来、2輪車を中心に発展を遂げてきたスズキ。
戦後いち早く社会に迎えられたバイクモーター「パワーフリー号」や本格的125ccの二輪車「コレダ号」。

そして、現在の日本のモータリゼーションの先駆けとなった軽四輪車「スズライト」などいずれも先進技術を駆使した画期的な製品を生み出し、人々の暮らしと共に歩んできたメーカーのひとつです。

モーター界への本格的な参入は、1950年代初頭の自動車補助エンジンブームを機にオートバイ開発に乗り出した1952年です。更に1955年には四輪軽自動車分野にも進出しました。
四輪車は軽自動車が主力ですが、自動車以外では、モーターサイクルやモーターボート(スズキマリン)、船外機、発電機なども開発、販売しています。

軽自動車では、1973年~2006年まで34年間連続日本No.1で、日産自動車、マツダへのOEM供給を行っています。
また、2006年には、スイフトやSX4などの小型車を強化し、生産能力確保の為には軽No.1にはもはやこだわらず、軽生産の縮小も辞さないという姿勢を打ち出しました。

会社概要Corporate Profile

社名
スズキ株式会社
設立
1954年6月
本社所在地
〒432-8611 静岡県浜松市南区高塚町300
資本金
138,014百万円

開発思想Development Concept

創造…それは人びとの暮らしに役立ち、心を満たす「価値」を作り出すこと。
創業以来、「価値ある製品を」をものづくりの根底においてきたスズキ。
ものの価値は、時代により、国により、ライフスタイルによって異なります。
時代の足音に耳を傾け、人の心に寄り添いながら、真の価値ある製品づくりに、技術と真心をもって挑んでいます。さらに、「価値ある製品」づくりを目指しているスズキは、これからの新しい時代、変化する社会に向かって、豊かな感性でスズキが創造すべき「新しい価値」を絶えず追い求め、それを実現するための新しい技術にチャレンジしています。

二輪車、四輪車などの製品開発はもちろん、次の世代の自動車開発を進め、その研究領域は広範囲にわたっています。

代表車種Representative modelst

●スイフト
走りの楽しさを追求した、現在ではスズキを代表するといっても過言ではないほど人気のコンパクト―カー。
そして、燃費性能にもこだわり、優れた低燃費を実現しました。
先進のセーフティシステムに加え、軽量衝撃吸収ボディや緻密な解析による設計など危険を未然に防ぐ、高水準の安全性能を終結しています。
●エスクード
車名の由来は、昔のスペインで使用されていた通貨単位「エスクード」に由来し、男のロマン・冒険心等の雰囲気を重ねてイメージして命名されている。
20周年を迎えた2008年にはマイナーチェンジによって、エンジンを大型化しました。
スズキ車では初めてとなるロータリーバルブ式可変吸気システムやバランサーシャフトを搭載した直列4気筒2.4Lと、高出力と低燃費を両立させた給排気VVTシステムを搭載したV型6気筒3.2Lの2種類となっています。
●スプラッシュ
キビキビとした走りと優れた居住性を併せ持つ新型コンパクトカー。
ハンガリーの製造子会社である「マジャールスズキ社」で生産し、日本に輸入して発売するスズキ初の自社ブランドの輸入車。2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表し、今春より欧州各国で販売を開始して既に高い評価を得ています。
全高1,590mmのハイトワゴン5ドアボディに、1.2L DOHC VVTエンジンを搭載。
日本仕様には優れた燃費と力強く滑らかな走りを両立するCVT(自動無段変速機)を採用しています。
●ソリオ
5ドアのコンパクトワゴン。
新開発の軽量プラットフォーム、スイフト譲りの1.24リッターエンジンと副変速機構付CVTが採用されています。10・15モード燃費:22.5km/Lを達成するのも特徴です。
その他、リアドアを従来のヒンジ式から両側スライドドアに変更するなど、ミニバン的な作りになっている女性にも乗りやすい車です。
●アルト
毎日乗る車だから、運転のしやすさ、乗り心地など細部にまでこだわったという軽自動車。
ボディタイプは5ドアのみで、5ナンバー登録の乗用セダンタイプと、4ナンバー商用バンをラインアップする。54馬力を発生する直列3気筒DOHCエンジンが搭載されている。
低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」も人気。
●ワゴンR
スズキ最量販軽自動車。
親しみやすさを持ったレギュラーモデルと、個性を主張する「ワゴンRスティングレー」2種類のスタイリッシュなデザインを採用しています。
「ワゴンR」には、ベーシックな「FX」、専用フロントメッキグリル、本革巻きステアリングなど内外装の装備を充実させた「FXリミテッド」を設定。
アイドリングストップ中でも冷風を室内に送る「エコクール」、エンスト時のエンジン再始動に役立つ「エンジンリスタート機能」を採用されています。
●ジムニー
伝統の強固なラダーフレームをもつ本格的軽クロスカントリーの代表です。
エンジンは660cc 直列3気筒DOHC、64馬力/10.5kgmを発揮するインタークーラーターボ装着ユニットを搭載しています。
トランスミッションは5速MTと、ゲート式フロアシフトの4速ATが用意され、サスペンションは前後ともに3リンクのコイルリジッド。
4WDシステムは副変速機付きのパートタイム4WDです。
4Hと2Hの切り替えは走行中でも可能なドライブアクション4X4を採用しています。
車検のお役立ち情報

車検の基礎知識

車検チェックポイント

ドライブを楽しむ

自動車メーカー

スタッフブログ 宣伝トラック
Copyright © ラビット車検 横浜・川崎. All rights Reserved.