ボディ長持ち豆知識|ラビット車検 横浜・川崎の1日車検

[営業時間]9:30~18:00[定休日]土曜・日曜・祝日

無料お見積
お問い合わせ

トップページ > 車検のお役立ち情報 > ボディ長持ち豆知識

車を長く乗ろう!
ボディ長持ち豆知識

ボディ長持ち豆知識

車は高い買い物です。車のボディを長持ちさせるには、洗車が必要になってきます。洗車はやりすぎると塗装が剥げるなど、色々な噂があります。しかし、適度に洗車をしないと、逆にボディに悪影響を与えてしまいます。
正しい洗車方法を覚えて、ボディに傷をつけない洗車を行いましょう。

 

洗車について

洗車は、炎天下の日や、風の強い日には行ってはいけません。
車のボディには細かい砂ぼこりがついていますが、この砂ぼこりはボディを傷める大きな原因となります。

1 水圧を使って汚れを落とす
まずは、ホースで高い位置から順に勢いよくたっぷりと水をかけ、細かい砂やほこりを水圧で飛ばして流してしまいます。水圧で落ち切れなかった汚れも、たっぷりの水でふやかしてしまいます。これを行う事で、砂埃で出来る傷を最小限に抑えることが出来ます。
2 濡れたタオルの重みで汚れを落とす
水で汚れを落としたら、次は濡れたタオルで汚れを落とします。タオルに手の力をかけて車のボディを撫でると、落ち切れなかった砂埃が車を傷つけてしまいます。濡れたタオルの重みだけでボディを撫でていきます。その際、必ずボディに常に水を流しながら撫でて下さい。水がボディとタオルの間の潤滑剤となり、傷を最小限にすませることが出来ます。
3 専用ボディシャンプー
車用のボディシャンプーを使って洗車する場合は、水洗いと濡れタオルでの洗車が終わってから行います。ボディシャンプーを使う時はスポンジやムートンを使いますが、スポンジやムートンに砂埃が入ると、その砂埃がついた状態で他の部分を洗うことになり、ボディに傷を広げてしまう原因になります。
また、ブラシで洗うとボディに傷がついてしまいます。ブラシの使用はホイールハウスの裏などに使うのみで、ボディには使ってはいけません。
4 ワックス
ワックスをかける場合は、スポンジに少しだけ水を含ませると、ワックスが伸びやすくなり作業が楽になります。ワックスを拭き取る時は、乾く前に拭き取ります。完全に乾くと拭き取る時に不必要な力が入り、ボディに傷が付きやすくなります。
ワックスを塗る時は、各パーツごとにワックスをかけ、その都度拭き取ってから次のパーツに進みます。ボンネットなど広い面積の場合は、4分割程度に分けて細かく作業を行います。ワックスは長時間おいて染み込ませても効果が増すことはありませんので、乾燥する前に拭きとって下さい。ワックスは一方方向にかけていきます。樹脂部分には塗ってはいけません。
5 ボディコーティング
ボディコーティングを行うと、ボディの保護力が上がります。雨や鳥の糞などから、ボディの塗装を保護してくれる心強い味方です。ワックスには保護力はありませんので、塗装の保護を重視する方はコーティング剤を使いましょう。汚れが残っている状態でコーティングすると、汚れもコーティングされてしまいますので要注意です。
一度コーティングするとしばらくは水洗いだけでもちますので、大変おすすめです。また、コーティングは重ね塗りをすると保護力が高くなりますが、同じ日に行うとあまり効果がありません。重ね塗りをする場合は、1週間程おいてから行うようにします。

イオンデポジット

イオンデポジットとは、水道水が蒸発する時に出来る白っぽい水滴跡のことで、水道水のカルシウムやカリウム、カルキ、塩素。雨水の場合は酸性物質や有害物質が残ったものになります。この水滴跡は洗車しても取れません。
イオンデジポジットは、車のボディに悪影響を与えます。時間をかけて、ボディの塗装を浸食し、表面を陥没させます。 イオンデジポジットを作らないために、いくつかの方法があります。

高温や炎天下の中では洗車をしない
夏の晴れた天気の良い日に「良く乾く洗車日和だ」と喜んで洗車をしている方がいますが、あれは間違いです。高音や炎天下の洗車は、急激に水が蒸発し、イオンデジポジットが発生します。
水の拭き残しに注意する
ボディに残った水滴に直射日光が当たると、水がレンズの役目をするため、太陽の光で残留物がボディに焼き付けられてしまいます。特に、井戸水はイネラルが豊富ですので、その分イオンデポジットが出来やすくなります。井戸水で洗車をする場合は、特に細かいところまで拭き取ってあげて下さい。
屋根のある駐車場を利用する
洗車だけではなく、雨もイオンデポジットの原因になります。また、ワックスを使うと雨水が水滴になりイオンデジポット化しやすくなります。イオンデジポット化をさせないためには、親水性のあるコーティング剤の使用がおすすめです。
白い水滴跡の長期放置しない
白い水滴跡が出来たら、出来るだけ早く対処して下さい。軽い水滴跡程度でしたら、台所洗が意外と役に立ちます。水で100倍くらいに薄めて使います。また、色々と水垢落とし用の洗剤が販売されています。
この時、液体コンパウンドを使用します。固形のものは傷の原因となることがあります。コンパウンドは、塗装表面を研磨してきれいにしますので、頻繁に使いすぎるとボディの塗装を薄くしてしまいますので最終的な手段として考えて下さい。
ウォッシャー液
ウォッシャー液も液体ですので、ボディに長時間付けたまま放置すると、イオンデジポットが発生してしまいます。こまめに拭き取りましょう。
凍結防止剤
凍結防止剤は、ボディに付いたまま放置すると、イオンデポジット同様の状態になります。ボディについたらすぐに洗車して下さい。
鳥の糞
鳥の糞は強い酸性です。鳥の糞を放置しておくと、ボディの塗装を浸食されてイオンデポジットのようにクレーターが出来てしまいます。特に気温が熱いと浸食が早いので、日々ボディの点検を怠らないようにしましょう。
車検のお役立ち情報

車検の基礎知識

車検チェックポイント

ドライブを楽しむ

自動車メーカー

車検合格のための知識

スタッフブログ 宣伝トラック
Copyright © ラビット車検 横浜・川崎. All rights Reserved.